多情仏心 鉛だま 忍者ブログ
多情で移り気だが、無慈悲なことができないこと / 仏教用語【多情仏心】
[190] [189] [188] [187] [186] [185] [184] [182] [181] [180] [179]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

飲み込んだ

重いな・・

 

 

PR
この記事にコメントする
お名前
カラー
メール
URL
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
ええ、鉛球と一口に言っても、様々な形。
でも、一様に不味いですね。
どこかで、どんなかたちかで吐き出さなきゃ。
溶けるのを待つのは長いですわ『←この、ですわは関西弁風にじゃなく』
アゲハ 2008/07/04(Fri)20:56:53 編集
鉛たま
大抵のものなら
喉もと過ぎれば楽になるのですが
鉛たまに限ってはダメのようです。
ずしんと重くて
飲み込んだことを後悔するのはもう何度目なのか・・・

歳月をかけて溶かしたとしても鉛の毒はしっかりと身の内に広がってしまうのです・・・

そしてやがて毒を吐く女?
そうなるのも一興かもですねって自虐かしら?
2008/07/04(Fri)21:33:19 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
(11/24)
(01/14)
(05/05)
(01/31)
(01/04)
最古記事
uta
(10/01)
(10/01)
(10/01)
(10/07)
(10/14)
アクセス解析
最新コメント
[09/15 咲]
[09/15 anaberu56]
[09/08 咲]
[09/08 non]
[09/08 咲]