多情仏心 「子供時代」 忍者ブログ
多情で移り気だが、無慈悲なことができないこと / 仏教用語【多情仏心】
[155] [154] [153] [152] [151] [150] [149] [148] [147] [146] [145]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

振り返れば

笑みが零れる

一日の終わりに何の屈託もなかった

あの頃

PR
この記事にコメントする
お名前
カラー
メール
URL
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
子供の頃は
親という 大きな傘の中で安心して暮せていた・・そう気づくのは 大人になってしまってから~ 若いうちは 背伸びがしたいですもんね。
non 2008/01/22(Tue)08:24:24 編集
ほんとうにね・・
親という立場になってみて気がつくことは多いです。
有り難さも
辛さも・・
2008/01/22(Tue)18:38:39 編集
無題
一日一日の区切りは自分の中にあったけれど、一ヶ月とか一年とかの区切りはなかった時代。
ずっとずっと幼い頃。
自然は驚きに満ちていて、豊かな幸せな時間が連なっていました。

勿論、悲しみやら歎きやらもあるにはあったんですけれどね。

鬱屈の多い今は、なんか一年が早い早い.....。
アゲハ 2008/01/24(Thu)00:14:21 編集
鬱屈
それがあるから
日々過ぎてゆくのが早いだなんて大人は辛いものですね。
もっともっと年を重ねたら
また鬱屈のない
あっけらかんとした
日々がやってくるのかしら・・
それとも人生というものに執着して
いろいろなものに固執するもっと辛い日々になるのか・・

わかりません。
2008/01/24(Thu)07:03:41 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
(11/24)
(01/14)
(05/05)
(01/31)
(01/04)
最古記事
uta
(10/01)
(10/01)
(10/01)
(10/07)
(10/14)
アクセス解析
最新コメント
[09/15 咲]
[09/15 anaberu56]
[09/08 咲]
[09/08 non]
[09/08 咲]